トヨタ自動車の豊田喜一郎をモデルとした愛知佐一郎を演じる佐藤浩市さん(c)TBS
トヨタ自動車の豊田喜一郎をモデルとした愛知佐一郎を演じる佐藤浩市さん(c)TBS

 トヨタ自動車をモデルにした2夜連続のスペシャルドラマ(タイトル未定)がTBS系で2014年3月に放送されることがこのほど、明らかになった。俳優の佐藤浩市さんが、トヨタの創業者の豊田喜一郎さんをモデルとした愛知佐一郎役で主演を務める。佐藤さんは「リーダーが生まれにくい、この日本という国にあって、佐一郎という人物は非常に稀有(けう)な存在であったと思います」と話し「あくまでフィクションではありますが、そのモデルとなった豊田喜一郎氏のエッセンスを織り交ぜながら、演じていければ」とコメントしている。

 ドラマは、昭和のはじめ、欧米の自動車産業を目の当たりにし「いつか日本にも、日本人によって造られた国産乗用車が走り、やがてそれらが世界中のハイウェーを走る時代が来る」と信じ、日本人のための国産自動車造りに人生を懸けた男、愛知佐一郎の物語。トヨタ自動車全面協力のもと、史実に基づいたオリジナル作品として、劇中に登場する車にも戦前・戦後に日本を実際に走った車が登場予定。また、資料映像は使用せず、急行列車と車が競争するシーンも実写とCGを駆使して再現する。

 貴島誠一郎プロデューサーは、「現在撮影が進行中ですが、事前の想像をはるかに超える、迫力あるドラマになりそうです」と話し「日本人がいつの間にか失ってしまった自信を取り戻せるような、勇気の出る物語をぜひご覧ください」とアピールしている。

 佐一郎の妻役を山口智子さん、おいの愛知正二役を椎名桔平さん、佐一郎の夢をバックアップする石山又造役を橋爪功さん、日銀総裁・財部登役を中村橋之助さん、佐一郎が興した「アイチ自動車」存続の鍵を握る山梨良夫役を香川照之さん、佐一郎が学生時代に通っていた定食屋の娘の東山雪乃役を宮沢りえさんが演じる。また、吉田栄作さんや萩原聖人さん、高橋和也さん、えなりかずきさん、前田敦子さん、溝端淳平さん、伊東四朗さんらも出演する。ドラマは、3月22、23日に5時間規模で放送予定。(毎日新聞デジタル)